治療院ビジネスモデル研究所

目指すは【新患者ゼロの経営革命】業界すべての治療院に共通するビジネスモデル

【超簡単】コロナ融資情報まとめ(審査・無利子・期間・種類など)

   

長引く新型コロナウィルスの影響で経営状態や資金繰りに支障をきたす治療院も増えてきているようです。

私の周りの治療家さんたちの間でも、融資や助成金の話題でもちきりです。
融資を受けようと情報を集めようとすると。。。。

・融資制度がまだハッキリ決まっていない
・内容が複雑でわかりづらい

など、あまり融資や申請に慣れていない私たち治療家にとっては、ハードルが高いものとなってしまっています。

そこで、2020年4月15日時点で今後変更の可能性はありますが、融資に関する情報を私の手続き経験を踏まえ、誰にでも分かりやすくまとめてみました。

『融資を受けたいけど。。。』と悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。
では、さっそく本題に入っていきましょう。

1.コロナの融資は大きくわけて2つ


融資を受けようと思った際に、まず最初に理解しておきたいのが『どこから借りるか?』です。

でも、実際どこから借りたら得か?はわからないことも多いですよね、ポイントは次の3つ。

 ・借りやすさ

 ・手続きの難しさ

 ・審査基準や期間

このあたりを参考に、この先の話を読んで頂けると、あなたがどの『融資先を選んだ方が得か』がイメージしやすくなると思います。

では、実際『どこから借りるの?』についてですが、細かいものまで入れると無数にありますが、代表的なコロナ融資については、次の2つの借り先があります。

①日本政策金融公庫。商工中金
②信用保証協会

そして、この2つについては原則、無利子(猶予期間あり)無担保で借りられることが大きな特徴です。

それぞれについて詳しく解説していきますね。

2.金融公庫などのコロナ融資


まずは、日本政策金融公庫と商工中金の融資制度について詳しく見ていきましょう。

【日本政策金融公庫】

名前は聞いたことあると思うのですが、日本政策金融公庫とは日本政府のお金で運営されている金融機関のことです。

日本政策金融公庫について詳しく知りたい方は、こちら をご覧ください。

日本政策金融公庫での無利子融資は『コロナの無利子融資』などの名称で募集されていません。

融資を申し込み『特別利子補給制度』に適用されると、実質的に利子がゼロになる仕組みです。

その中身については次の通り

概要

 融資限度額:別枠で最大6,000万円

 利率:1~3年目まで:基準金利マイナス0.9%・ 4年目以降:基準金利(現在、基準金利は2.5%前後)

 返済期間:設備資金20年以内(据置期間5年以内)・運転資金 15年以内(据置期間5年以内)

 担保:無担保

    

そして、融資には利用条件があり、内容は次の通りです。

 ・1年以上事業をしている方

 ⇒前年または前々年同月と比べ5%以上の売上低下

 ・事業をはじめて1年未満~3ヶ月以上の方

 ⇒過去3ヶ月の平均売上と比べ5%以上の売上低下

あと、大切なのは融資を無利子にする利子補給について

この利子補給とは融資をよりしやすくするために、融資の金利を自治体や企業が条件に当てはまる人に対して支給してくれる制度です。
そして、今回のコロナ融資で利子補給を受けるための条件は2つあります。

利用条件①

 個人事業主(フリーランス、小規模):要件なし

 小規模事業者(法人事業者):売上15%以上減少

 中小企業者:売上20%以上減少

うーん。自分はいったいどこに当てはまるのか?という方も多いかと思うので
こちらのサイト 【参照:中小企業庁| 中小企業の定義について】を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

利用条件②

2020年1月29日以降に日本政策金融公庫などから借り入れ(融資のこと)をした方で①の利用条件も満たす方

ここまでが、日本政策金融公庫の融資制度についてです。

次は商工中金について解説していきます。

【商工中金】

商工中金は商工組合中央金庫の略で、全国に支店を持つ中小企業専門の金融機関です。
商工中金は中小企業者専門です。
そのため、今回のコロナの件でも商工中金はどちらかというと小規模ではなく中規模以上の事業者(多店舗展開している整体院など)向きかもしれません。

商工中金でのコロナ融資は『危機対応融資』という名称で実施されていて、その中身については次の通り

概要

 融資限度額:3億円

 利率:1~3年目まで:基準金利(平均2.55)マイナス0.9%・4年目以降:基準金利

 返済期間:設備資金(据置5年以内)・運転資金(据置5年以内)

 担保:無担保

危機管理融資に申し込むためには、申込書類と添付書類の用意が必要です。申込書類については、以下のリンクを参考にしてください。
商工中金・融資制度のご案内

と、ここまでが政策金融公庫などのまとめでした。
次は信用保証協会について

3.保証協会のコロナ融資


信用保証での融資と言われてもピンとこない方も多いと思います。

実際私もそうでした(笑)
その仕組みを簡単に説明すると、銀行や信用金庫に審査を依頼する前に『信用保証協会』で審査をしてもらい、こんな保証人がいるから銀行さんお金貸して下さい!!と申し込む。
こんな融資の方法になります。

この仕組みは『セーフティーネット保証』と呼ばれ、政府が中小企業の資金繰りを円滑にする支援制度となります。

そして、今回のコロナの影響によりセーフティーネット保証の4号が適用になっています。

セーフティーネット保証4号とは

 自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、

 災害救助法が適用された場合及び都道府県から要請があり国として指定する必要があると認める場合に、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。

 たとえ、信用保証枠をすべて使い切った企業でも、通常の保証制度と同額の保証を別枠として提供されるので、追加で保証付融資が受けられます。

そしてセーフティーネット保証4号を利用すると次の4つのメリットがあります。

①通常より融資審査があまい
②通常枠を使い切っていても利用可能
③すぐに対応してもらえる
④認定がとれれば、どこの金融機関からでも融資可能

手続きの流れとしては、

 ①近くの信用保証協会に事前相談を申し込む

 近くの信用保証協会を探す場合は こちら

 ②必要書類を提出し審査の上、認定を受ける

 ③希望の金融機関に認定証を持参のうえ、融資を申し込む。

4.コロナ融資のまとめ


いかがでしたでしょうか。

治療院が利用しやすい融資制度を、出来るだけわかりやすくまとめてみました。

私自身も融資を受けるべく、今動いていますが『内容や手続きがとにかく分かりづらい』というのが一番の印象です。

今回の話を簡単にまとめると。

 ・融資には金融公庫と保証協会がある

 ・保証協会はメッリット大

 ・保証協会は手続き&時間がかかる

この記事が、コロナで苦しむあなたの少しでもお役に立てたら嬉しいです。

スポンサードリンク

 - その他お役立ち情報