藤沢のジョージ・気になるあれこれブログ

日頃の気になることや興味のあることをあれこれを綴っています

看板が目立たず悩んでませんか?特に2階以上のお店にオススメ!コードレス電飾看板

      2016/09/26

人通りの多い地域にお店を出したのだけれど、1階の店舗は賃料がとても高くて・・・ビルの5階なんです。こんな話をよく聞きます。何を隠そう私もその一人です。

ビルの下から見上げると確かにあーあそこにお店があるのね、とはわかるんだけどみんなが上を向いて歩いているわけでもないので

そんなうちのお店でも、1ヶ月に何名かの方は『看板を見てきました』という方がいらっしゃいます。

スポンサードリンク

ウチのお店が入るビルは管理会社(不動産屋さん)の以降で他のテナントさんと、基本的には同じ程度の大きさの看板にすることをルールとして決められています。

そんな中少しだけ看板が目立ってしまうコツをここで披露しちゃいます。

ただ目立つだけでなく、看板にまつわることなどをあれやこれ紹介するので最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。

屋外看板の種類や設置ルールについて
2階以上の店舗だとここが悩み
コードレス電飾看板とは?
集客できる看板とは?
まとめ
屋外看板の種類や設置ルールについて

一言で看板と言ってもその種類は様々です。まずは屋内に設置するタイプと屋外タイプがあり
その屋外タイプも次のような種類に分かられます。

■ テナントが入居するビルそのものに設置するタイプで場所は次のようなところが考えられます
  ・ビル屋上 ・外壁の直接設置 ・突き出した形での設置 ・1階の空きスペースに設置する移動式
 ※このタイプは一度設置(製作)するとその後のランニングコストが発生しません

■ ビル以外の場所に設置する場合
  ・電柱広告 ・最寄り駅構内へ設置 ・バスなどの車体に設置
 ※このタイプは、設置後も月額や年額で掲載料(ランニングコスト)が発生します。

こんなにも設置場所の候補があるのですね。

そして、各自治体によって名称や内容は様々ですが、『屋外広告物条例』のようなものがあり、街の景観に合う内容や設置方法が決められています。

今回は上記の1階の空きスペースに設置する看板についてお話させて頂こうと思っています。

2階以上の店舗だとここが悩み

私のお店は商店街に面しているビルの4階にあり、その商店街は1日中人通りのある場所です。

そしてその通りに面したビル側面には大きな窓があり、そこにカッティングシートでお店の名前は掲示しているのですが、ビルの下から見上げてやっとわかるくらい。通りすがりの人が見上げてみるような感じではありません。

そして、ビル1階エントランス部分に看板を出せるスペースはあるのですが、他のテナントさんも同様に看板を出しているため、場所によっては全然人目につかない、こんな条件です。

でも通りすがりの人には、自分のお店のことを認識して欲しい。似たような条件でお悩みのオーナーさんは多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

そこで考えたのが、電飾の看板を1階部分に設置するという案。まわりの店舗は電飾ではない看板を設置しており『これは夜目立つぞ!!』と一人ニヤケたくらいのアイデアだと思ったのですが・・・

1階エントランス部分にあるコンセントを看板用に利用しようとしたところ、管理会社からストップ!!。うちだけに電源を貸すことはできませんとの事。

せっかくのアイデアもこれでは台無しになると、何日も考え閃いたのが、この方法でした。

コードレス電飾看板とは?

そう、私は閃いてしまったのです。電源が取れないのなら電源無しタイプのい看板にしちゃえばいいんじゃないか・・・・と。

でもはたしてそんな都合のいい看板なんてあるのか、いやぁ。。。調べまくりましたね。

そしてやっと見つけました。各メーカーさんから数種類は出ていました。インターネットで『電飾スタンド看板』などの文言で検索すると色々見つかるはずです。

種類も色々あり,大きくわけると次のような種類や仕様です。

■ 固定式・移動式 (看板の足元にキャスターが着いているか、いなかの違い)
■ 片面式・両面式 (看板部分が片面か両面かの違い)
■ 脱着式・装着式 (内臓されているバッテリーが取り外せるか、いなかの違い)
■ 電球式・LED式  (看板内部の電飾部分が電球/蛍光灯かLED式かの違い)
■ スタンダード・装飾 (シンプルな四角い形か、ちょうちんなどデザインに性に富んだタイプか)

価格は本当に幅があり、80,000円~300,000円くらいです。

そしてこれは看板本体の価格で別途看板に掲載するデザインや製作料などがかかります。

集客できる看板とは?

ここまで、看板の特徴や種類などについて色々とお話させて頂きましたが、じゃあ電気がついた看板を出せばすぐに集客に結びつくのか?

これはやってみないとわかりませんが、ただ目立つ看板を出せば人目について、お客さんバンバンというわけにはいかないようです。

ではどんな看板だと集客に結びつく可能性があるのか?ここで考えてほしいのが、あなたがビルの1階で看板を見るときってどんな時?ということです。

これはそのお店の雰囲気や料金・メニューなどを知りたいと思い見るのではないでしょうか?

なので、シンプルにお客さんが見たい内容を記載した、ギスギスしていない看板の雰囲気がいいと思われます。

まとめ

どうでしたか?ひとくちに看板といっても色々と置くが深い感じでしょうが、シンプルに考えることが重要かと思います

ともかく目立つ → × 欲しい情報をシンプルに記載する → ○

これは私の個人的見解ですが、看板はCMに似てると思うんです。すぐに必要なひとはもちろん、将来的に必要な人にまで目にとめてもらい

あーそういえば、あそこにあんなお店あったよなー。って感じでOKだと思います。

さぁ、みなさんもちょっと一工夫して空中物件でもしっかりPRしちゃいましょう。

スポンサードリンク

 - ビジネス