藤沢のジョージ・気になるあれこれブログ

日頃の気になることや興味のあることをあれこれを綴っています

夏休みが怖いママさん必見!お子さんに上手にお手伝いさせるコツ

      2016/09/20

うちにいらっしゃるママさんたちとの会話で、この時期になると必ず聞かれる言葉があります。それは・・・

『夏休みが怖いのよねー』ん、夏休みって長期休暇も取れるし楽しいのでは??と思い何故怖いのか聞いてみると

1日お子さんが一緒に居て、そのお世話とお手伝いを頼んでもキチンとこなせず、ご自身の生活ペースが崩れるとの事

スポンサードリンク

なるほど・・・確かに納得出来る理由だと思います。でも反対に『夏休みが好き』というママさんたちもいらっしゃって、色々と話を聞いてみると

どうやら、上手にお手伝いをお願いして、家事の負担を軽減している様子。では、その上手にいっている方々は、どんなことを気をつけながらお手伝いをさせているのか?

みなさんに聞いた話を参考にわたしなりの見解も交えまとめてみました。

よくある失敗するパターン
上手にお手伝いさせるには?
成功事例
まとめ
よくある失敗パターン

上手にお手伝いをさえるにはどうしたら??これが今回のテーマですが、うまくいく方法を考える前に、どうしたら失敗(うまくいかないか)を考えてみたいと思います。要はそれをしない、もしくは反対のことをすれば成功する確率があがるわけですから

■ 全部をまかせきれない
→ 家事をお願いしているのだけれど、脇で見ていてどうしても手や口を出したくなり、結局は一緒にやってしまう

■ 出来なかったことに対しての罰として、お手伝いをさせてしまう
→ これではお手伝いは楽しいものではなく、嫌なものというイメージが先行してしまい、自発的にお手伝いという流れはなりづらい

■ 報酬としてお金をあげてしまう
→ ご褒美としてお駄賃をあげるのは一見よさそうに見えるのですが、お手伝いの目的=お金となってしまい、趣旨とことなってしまう

■ 遊んでるんだったら手伝いなさい!!的な言い方でやらせようとする
→ 頼むママさんたちの心境として、あなたばっかり遊んでてズルイという気持ちが入ってしまうと、お手伝いの指示がうまく伝わらないことが多いようです

上手に成功させるには?

上記がよく聞く失敗の例でした。では『うまくいってるわよ』というママさんたちから聞いた内容をまとめてみますね。

■ お手伝いをさせる!という感じではなく、軽い感じでお手伝いを依頼している
→ 例えば:新聞取ってきてくれる? 洗濯物取り込むの手伝って お茶碗運んでくれる? このように何か一つをまかせるのではなく、自分がやっている家事を手伝わせる頼み方をする

スポンサードリンク
上手にお手伝いさせるには?

■ 時間がかかってもまかせきる
→ 大人がやっていることを子どもにやらせるわけですから、時間がかかって当然。それを自分と同じようなスピードでやることを求めてはNG

■ ご褒美は対価ではなく言葉
→ お手伝いのご褒美は賞賛の言葉がいいようです。それもただ『ありがとう』だえでなく、『手伝ってもらって助かった・綺麗になった』など具体的な心境をまじえ伝えるといいようです

■ 失敗しても叱らない
→ お皿洗いを手伝っているときにそのお皿を割ってしまった。でも怒らない。反対に怪我はなかった?大丈夫?とまずお子さんの身体を心配するようにする

成功事例

どうでしょう。ここまで成功と失敗のいくつかのパターンを見てきたのですが、あーそれやっちゃってる!!などという物もあたったのではないでしょうか

そして、どうお手伝いをさせていくといいのか、何となくイメージもできましたでしょうか?

成功事例

次に具体的な成功事例をみていきたいと思います。

■ 二人お子さんがいる家庭では、ゲーム感覚で
→ 上のお子さんがお手伝いで誉められた。それを見ていた下のお子さんが、誉められたくてお姉ちゃんのまねをした。それが競う合うゲーム感覚で競争している。そんな流れです

■ 出来たねシールの活用
→ シール大好きなお子さんに、お手伝いを一つすると好きなシールをプレゼント。そして言葉がけを忘れずに。シール目的にならないように注意することを忘れずに

■ エプロンの活用
→ キッチンでのお手伝い用にカワイイ手作りエプロンを作り、それをつけて楽しくお手伝いをさせている

まとめ

いかがでしたか。お手伝いといっても奥が深いと思うのですが、うまくいっているママさんたちの話を聞いていると、ママが大変だから手伝ってと上手に依頼している方々が多く、そして手伝いが終わると○○ちゃんが手伝ってくれて本当に助かったわーという流れのようです。

まとめ

お手伝いをうまく活用出来ると、家事の手間が軽減するとともに、お子さんの自己肯定感(人の役に立っているんだという気持ち)を芽生えさせる手助けにもなると考えられ、上記の内容が少しでもママさんたちのお役に立てれば嬉しい限りです。

スポンサードリンク

 - お役立ち