藤沢のジョージ・気になるあれこれブログ

日頃の気になることや興味のあることをあれこれを綴っています

岩盤浴とサウナの違い?岩盤浴のその効果は?そして頻度はどれくらいがいいの?

      2016/09/20

最近私のお気に入りは、岩盤浴と炭酸泉が楽しめる温泉施設でのんびりすること。

以前はよくサウナに入っていたのですが、疲れが激しい日などには、サウナがちょっとハードで、長時間入っていられないことが多かったです。

スポンサードリンク

そんな中、今世間でも流行っている『岩盤浴』最初に体験した時から、あまり苦しさを感じられず、サウナよりも続けられそうと実感し、最近では月に1回程度ですが、岩盤浴を楽しんでいます。

岩盤浴フリークになってわたしなのですが、そもそもサウナと岩盤浴の違いは?そして岩盤浴はどのくらいの頻度で利用するのが、身体にとっていいのかなどの疑問点をまとめてみました。

サウナと岩盤浴の違いは?
岩盤浴の効果は?
岩盤浴はどのくらいの頻度がベスト?
まとめ
サウナと岩盤浴の違いは?

もともとはサウナ愛好家だった私ですが、今は岩盤浴利用がほとんどになってしまいました。

その理由は、温度設定が適度で息苦しい感じが少ないから、でした。そんな理由でもいいのですが、科学的にどうy効果が違うのか?などをここではお話しさせて頂きます。

それではまず、サウナと岩盤浴の特徴の違いからです。

サウナ:温度設定が90度前後で、身体の表面からの発汗作用を促すもの
岩盤浴:温度設定が50度前後で、遠赤外線効果により体内からの発汗を促すもの

こん感じでしょうか、みなさんご存知かとおみますが、まずはその温度設定の違いですね。

あとは、体内からの効果を目指すか、身体の表面からの効果を目指すか。こんな違いがあります。

岩盤浴の効果は?

では今度は、岩盤浴の効果についてです。汗をかくということでは変わりはないのですが、いわゆる『じわっと』汗をかくのが岩盤浴の特長で、その効果は次の通りです。

スポンサードリンク

■ 身体の芯まで温められることにより新陳代謝の促進が図れる

■ 汗をかきやすい体質への変化の可能性が居大きく、これにともなうダイエット効果

■ 汗をかくことによる、自律神経の乱れが正常に近づく可能性

■ ニキビやアトピーなどに対する症状改善の可能性

■ 汗をかくことによる、自律神経の乱れが改善する可能性

岩盤浴はどのくらいの頻度がベスト?

私の今の利用状況をみると、だいたい月に1回ペースの利用です。

果たしてそんなペースでも効果はあるのか?

正解を言ってしまうと、いちを教科書上では、

岩盤浴10分くらい ⇒ その後5分くらい休憩 ⇒ これの繰り返しだが1回の利用としては、左記流れを3~5セットです。

これが一般的ですが、施設によって色々な考え方や温度設定があるので、ご利用になる施設で、店員さんに聞いてみるというのも、いいかもしれませんよ。

まとめ

これは私の個人的なイメージですが、サウナは主に男性が好きで利用するケースが多い。

女性の場合には、以前少し話題になった『デトックス効果』これと併せ、美肌効果、冷え性の改善、血行を促進することによる、代謝アップの可能性。

最近は岩盤浴がまだ根強い女性ファンの方も多く、私のよく利用する施設では、女性おひとりで普通に利用されている方も少なくありません。

そう、私は平日の昼間にかけては圧倒的に女性の利用が多いです。

あと、暑い小部屋の中での水分補給を忘れずにしましょう。

年に何人かの方が、運動中の熱中症状を訴えているようですが

運動中はもちろんのこと、屋内においても熱中症になる可能性も少なからずあります。

これからの季節は、とにかくこまめな水分補給と疲れをためないように、休息をするということが大切になってきます。

スポンサードリンク

 - お役立ち