藤沢のジョージ・気になるあれこれブログ

日頃の気になることや興味のあることをあれこれを綴っています

元インストラクターが教える!スポーツジム・フィットネスクラブの選び方やポイントまとめ

      2016/09/20

スポーツの秋と言われる9月10月となり、ちょっと身体を動かそうかな・・などと思っている方も多いのではないでしょうか。

身体を動かすと言って『パッと』思い浮かぶのがスポーツジムもしくはフィットネスクラブですよね。

最近は健康ブームもあり、都市部の駅前には複数のクラブが存在するケースも少なくなくなっています。

スポンサードリンク

そんな時困るのが、自分い会ったクラブってどこなんだろう??そんなことではないでしょうか。月々の利用料金も決して安いものではないはずです。

そこで、元スポーツクラブでインストラクターを経験していた私が、こんなとこに留意してクラブを選んだ方がいいよ!!と」いう内容をまとめてみました。

■ 設備や料金よりも大切な選択ポイント①
■ 設備や料金よりも大切な選択ポイント②
■ 設備やポイントで大切にしたい視点
■ その他の選択ポイント
■ まとめ

クラブ選びというと、料金や設備面そして営業時間などに目を奪われがちなのです。たしかにそこも重要なポイントではあるのですが、その前に考えて欲しい内容をまとめてみました。

■ 何の目的で入会するのか:これは非常に重要なポイントで、ダイエット目的であれば『痩せるエアロビコース』などが充実しているクラブを選んだ方がいいでしょうし、筋肉リュウリュウにしたいというのであれば、マシンではなく、フリーウェイトが充実しているクラブがいいかと思います)

■ 通いやすい場所か:これも重要なポイントで、頻度に対する考え方は人それぞれですが、それでも週1回以上は通うであろうクラブですので、アクセスの良さは大切にしたいポイントです。

■ 自分と似たような目的の会員さんが多いか:ちょっとイメージがつきづらいかもしれませんが、筋肉をつけたい人が、フィットネスやプールが充実しているクラブに入会してしまうと、目的の部分でミスマッチが起こってします。

設備や料金よりも大切な選択ポイント②

まだあるんですよねー施設いがいにも大切なポイントが。これはみなさんあまり知られていない内容なのですが、ズバリそのクラブが・・・

ほったらかしクラブ か 世話焼きクラブ か ということが非常に重要です。

スポンサードリンク

分かりやすく例えると、私のようにトレーニング方法に関する知識のある人間が、世話焼きクラブにいくと、あれやこれや指導されても『そのトレーニング知ってるから一人でやらせてくれーー!!』となってしまいましすし

反対にあまり知識がない方が、ほったらかされると『何をどう使えばいいかわからない。誰も教えてくれないし』となってしまうので

ご自身の目的にあった形態のクラブ選択をおすすめします。

設備やポイントで大切にしたい視点

さぁやっと具体的なポイントに入っていきますね。まずは施設面でよく見ておきたいポイントです。

■ プール内に歩くだけのコースい設定があるか:これは泳ぐことよりも歩くことがトレーニングになるタイプの方には是非チェックしておきたいポイントですね。意外と泳がない利用はできないような雰囲気があるクラブが多いものです。

■ マシンの負荷形態は?:こう言われてもちょうとわかりづらいですよね。筋トレのマシーンには様々な種類があって、その負荷のかけ方がメーカーによって違います。詳しくはまた別の機会でお話しできっればとは思いますが、一般的な種類としては、油圧式・ウエイト式・空気圧式などがあり、もし筋肉を大きくしたいのなら断然ウエイト式でしょうね

■ 男性更衣室の広さは?:クラブですから当然着替えも発生し、そのめに更衣室が用意されていますが、よくあるパターンとしては、男性更衣室より女性更衣室の方が大きいことが多いです。ですので男性は男性用も要チェックですよ。

これ以外については、両きにゃ営業時間など比較的思い浮かびやすいものだと思うので、ご自身の納得いくクラブがいいのではないでしょうか。

その他の選択ポイント

上記以外であったら便利やそんな考えもあるのか、と思われそうな内容をまとめます

■ 時間帯割り引きなどがあるか?
■ 高齢者割引がああるか?
■ 清潔さ(施設内や器具など)
■ レンタル品が充実しているか(忘れものをしたときなどに便利)

まとめ

いかがでしたでしょうか。意外と盲点だったな・・などというポイントもあったのではないでしょうか。

身体を動かすことは肉体的だけでなく、精神的にも大きな影響がある部分も大きいので、ご自身の目的にあったクラブ選びの参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル