藤沢のジョージ・気になるあれこれブログ

日頃の気になることや興味のあることをあれこれを綴っています

苦手な人必見!!早起きが出来るようになる方法をひとまとめ

      2016/09/20

3日坊主が得意な私が『一大決心』をして早起きを初めて、もう半年になります。しかもただ起きるだけでなく、起きてから自己学習をしています。

最初はたぶん挫折してしまうんだろうなぁ・・などと思ってはいましたが、ここまで続いているのには、それなりの理由が。

スポンサードリンク

その理由や早起きに関する方法などをまとめてみました。

■ なぜ早起きを始めようとしたのか?

■ 早起き達成のための方法を紹介

■ 早起きの代償とは?

■ まとめ

なぜ早起きを始めようようとしたのか?

『早起きは三文の徳』こんな言葉がありますが、早起きがいいのは何となくわかるけど、でも朝はかなりつらいなんだよねーとういう人も多いはず。

そこで、まずは私が何故早起きを始めたのか?という動機の部分からお話したいと思います。

私の早起きスタートは今年の4月~なのですが、そのきっかけはとあるセミナーに参加したことによるものでした。

そのセミナーは一年間かけて、色々な経営にまつわることを学ぶセミナーなのですが、とにかく課題(宿題)の量が半端ないもので、通常の業務をしながらだと、とても消化できない内容のものでした。

その課題に対応するべく導き出した答えが、早起きして課題対応の時間にするというものでした。

しかし心配事がひとつ・・・それは私の3日坊主でした。その性分を克服し、ここまで半年早起きを続けてこれた具体的な方法のいくつかを次に紹介したいと思います。

早起き達成のための方法を紹介

この半年で成功している早起き以前にも、何度もチャレンジしたことがあり、その際の方法なども含め箇条書きにしてみました。

スポンサードリンク

■ 目覚ましを複数用意する(目覚まし時計に内臓されている目覚まし2個と形態のアラームの計3個の目覚まし機能を活用しています)

■ カーテンをあけて寝る(朝の陽ざしを浴びれないのは、起きられない原因の一つだと思います)

■ ご褒美の活用(要は目の前のニンジン作戦。早起き達成の朝には自分を褒めたたえ、起きれた自分い対してのご褒美を用意しておく)

■ 夜のお風呂はぬるめで(ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、副交感神経の働きが促進され、深い眠りにつけることが多いです)

■ 夜は決まった時間に横になる(生活リズムを身体に染み込ませることが重要だと思います)

■ やりたいことがある場合には朝にその対応を行う(ワクワクして起きられるよう、自分を仕向けていくように「する)

早起きの代償とは?

意外と忘れてしまいがちな事が、毎朝早起きをすることにより、昼間に眠くなるということ。

これは早起きを初めて間もないころによくある傾向で、このよな場合には、時間が許すのであれば、10分~20分程度はトロトロしてもいいですし、むしろその方が身体にとってはいいようです。

まとめ

早起きするぞ!!と意気込んでみたものの、なかなか継続出来ない人が多いのには、上記のような原因が考えられます。

私が実践して一番感じたのは、早起きするならその分夜も早めに休む事が重要な気がします。

朝に作業を行うことのメリットは、色々なところで紹介されているので、ここでは割愛しますが、自分を褒めながら上手に朝の時間を使えるといいですよね。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル