サードプレイス

整体を通じ『あなたらしく過ごせる毎日』をコンセプトにさまざまな情報を発信しています

正しく答えられますか?『おかゆ』と『雑炊』の違い

      2018/11/14

寒い冬になると、鍋ものが恋しくなりますよね。
そのなべのあとの定番を言えば『おじや』

私もすごく好きで、よく食べるのですが
先日ふと・・・おかゆと雑炊ってどう違うの?
なんて思い、でもわからん

同じように思う方も多いかと思い、こちらでまとめてみました。

【目次】

◆ そもそも『おかゆ』とは?
◆ そもそも『雑炊』とは?
◆ それぞれの由来は?
◆ どんな時に食べるの?

そもそもおかゆとは?

おかゆとは、通常の白米を炊くのと同じ要領で、
炊飯の際に水分を多めに焚いたものをいいます。

基本的には、水と米でつくられますが、イモ類(サツマイモが多い)
などを入れた芋粥や水ではなくお茶などで炊く茶粥などもあります。

スポンサードリンク
そもそも『雑炊』とは

雑炊とは、ご飯に出汁や具を入れて煮込んだもの。
おかゆのように、お米からではなく焚いたご飯を水ではなく出汁で
というとこがポイント。なので鍋の〆は雑炊となるわけですね。

それぞれの由来は?

粥の語源は炊湯(カシギユ⇒濃湯(コユ)⇒食湯(ケユ)⇒加湯(カユ)
と変化したことばと言われています。

雑炊の語源は、ご飯に水を多めに入れるところから『増水』から
来ているのでは・・・という説が有力なようです。

どんな時に食べるの?

おかゆは噛まずに食べれるところから、病気の時に食べられることが多いほか
飲んだ次の日などに食べるという方も少なくないようです。

雑炊はやはり、鍋の〆で食べることが一番多いのではないでしょうか
その他にも、野菜を沢山食べたいときなどにもオススメかもしれませんね

皆さんの疑問のヒントになれば嬉しいでーす。

スポンサードリンク

 - 過去に綴ったお役立ち情報