サードプレイス

整体を通じ『あなたらしく過ごせる毎日』をコンセプトにさまざまな情報を発信しています

栄養価はどう違う?絹ごし豆腐と木綿豆腐

      2018/11/14

最近、患者さんとよく栄養について話をすることが多いのですが
タンパク質の必要性などをお話しながら、その食材という時になると
必ず聞かれるのがこの質問なんです。

 
『絹ごし豆腐と木綿豆腐のどちらを食べれば?』
『そもそも栄養価やカロリーって違うの?』

  
あまりにも同じ質問が多いので、少しブログにまとめてみようかと
みなさんの参考になれば嬉しいです。

  

  


◆ 絹ごし豆腐と木綿豆腐の違いは?


【絹ごし豆腐】

製法として、木綿豆腐よりも濃い豆乳にニガリなどの凝固剤
加え固めて作ったもので、木綿よりやわらかくその柔らかさが
まるので『絹』のようということで名前がついたとされています。

【木綿豆腐】

こちらの製法は、豆乳にニガリなどの凝固剤を加え、一度固めたものをあえて崩し
圧力をかけながら水分をしぼり、再び加えて作ります。

スポンサードリンク



  


◆ 栄養価やカロリーは?


上記の用紙、製法が違うため同じ豆腐といっても栄養価が違います

絹ごし豆腐は、木綿と比べ水分を多く含んでいるため
ビタミンB群やカリウムが多いのが特徴です。

木綿豆腐はというと、水分を絞る製法のため
栄養分が凝縮されるのが大きな特徴で、タンパク質・鉄・カルシウム
絹と比較して約1.2~1.3倍あります。

また豆腐100gに対するカロリーは
絹 ⇒ 56kcal  木綿 ⇒ 72kcal で絹の方がヘルシーですね。



  


◆ その他の豆腐食材について

いかがでしたでしょうか、同じ豆腐でも製法が違うことにより
こんなにも内容が変わってくるものなのですね。

最後に、絹や木綿以外の食材について簡単にまとめました。

【ゆば】

豆腐を加熱していく際に、表面にできた薄い膜のこと。

【おから】

豆乳を絞った際に、残る固形物のこと

【豆乳】

大豆を水に浸したあと、すりつぶしながら水を加え固形にしたもの。

スポンサードリンク

 - 過去に綴ったお役立ち情報