サードプレイス

整体を通じ『あなたらしく過ごせる毎日』をコンセプトにさまざまな情報を発信しています

私が考える整体師とは

   

私が考える整体師とは



整体師とはどんな仕事なんでしょう?整体師を養成する某専門学校の定義によると

患者の身体のゆがみを整える仕事。 資格なしで独立開業は可能 骨や関節、骨盤などのゆがみを整えたり、筋肉のコリをほぐしたりすることで、身体の不調を整えるのが整体師の仕事。その技術には、流派や理論が数多くあるため、整体師はそれらを組み合わせながら施術している。

だそうですが、私が目指す整体師は生涯に渡り絶対的信頼をおいて心と身体を任せられる人だと考えています。

海の向こうのある国では、弁護士や税理士など『士』がつく職業の方との出会いが、人生を豊かにすると言われていて、きっと日本でも同じように考える方も多いのではないでしょうか。

そして私の仕事は『士』ではなく『師』この師という仕事で人生を豊かにしていきたい。いきたいではなく、出会った方の人生を豊かに出来るそんな仕事だと考えています。

ですので、私はこの仕事に誇りを持っています。そんな誇りを持つような仕事をする『師』が世の中に溢れて欲しい。そしてその『師』に出会った方々の人生が豊かになって欲しい。心の底からそう考えています。

スポンサードリンク

だからこそ・・・こう考えます

私は整体師という仕事に誇りを持っています。

だからこそ、技術を磨き、痛みやシビレが改善する技術だけでなく、心の奥底まで解れていく時間と空間を提供したいと考えています。その空間では、院の売上げや予約の回転率などは関係なく、患者さんの症状が主ではなく、患者さんの人が主となるような・・・

例えるならば『腰が痛い山田さん』ではなく『山田さんが痛くて苦しんでいるのは腰』こんなイメージなんですよね。

整体院に来院される方の多くは、腰が痛くて駆け込む以外に、仕事の悩みや家族の問題、お子様の進路や親の介護。痛みやシビレの裏側には色々なものを抱えて来院されます。

その抱えた荷物を降ろし、その先に鍛錬された施術技術があるからこそ、患者さんは心の底から笑えて『明日も頑張ろう』となるのだと思います。

 

夢を見ながら仕事をして欲しい

この仕事のもつ意味は大きいです。だって出会った方の人生を変えるかもしれないのですから。

『身体が楽になったのは、先生のおかげ』よく私達がかけて頂ける言葉の一つで、こんな言葉が欲しくてこの業界に入りました。そんな方も多いのですが、私は『先生と出会えて良かった』そんな言葉を頂く事も多く、これこそが『整体師』という仕事であると考えています。

来院された方々の症状改善のみならず、人生の希望を一緒に考えるそんな仕事に誇りを持ち夢を見ながら仕事をしましょう。

そしてこのサイトを見て共感し夢を見ながら仕事をする。そんな仲間が増えればこの上ない喜びです。

スポンサードリンク

 - 整体師の仕事