google-site-verification: google1380d32dea8e2bbc.html

治療院ビジネスモデル研究所

血液データ活用モデルで健康を提供する治療家が健康的にビジネス展開する道を切り開く

治療院経営がビジネスモデルで安定する理由

      2019/03/14

こんにちは、治療院ビジネスモデル研究所の高田です。(私はこんな人物です

治療院を経営する方にとっては『毎月の売上げを安定させる』これは永遠のテーマかもしれません。

昨年Googleさんの大きなアップデートがあり、治療院業界へ大きな影響を与え、経営方針の変更を余儀なくされた院も少なくないと聞いています。

そんな状況の中、どんな変動があっても常に安定した状態で経営を行うことは、経営者としてすごく重要な事項となってくるでしょう。

そこで、治療院経営を安定させるひとつのキーワードである『ビジネスモデル』についてお話していきたいと思います。

周りに左右されず、磐石な仕組みで安定的な経営を目指しておられる方は、ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

1.治療院経営安定に重要な2つのキーワード

ビジネスモデルの話をする前に、まず治療院の経営(売上げ)を安定化させるためにもっとも必要な要素が2つあります。この2つは何だか分かりますか?

その2つとは『集客』『仕組み化』です。少しカッコいい言い方をすると集客⇒マーケティング、仕組み化⇒ビジネスモデルともいえるかと思います。

例えると・・・患者さんをしっかり集め、症状が改善した後も継続して来院する仕組みを作るといった感じです。何となくイメージわきますか?

現在の治療院業界を見渡すと、新規の集客については本当に色々な情報が、しかも無料のものも多く手に入る次代になりました。例えば

◆ 集客できるHPの作り方
◆ 紹介患者さんを増やす方法
◆ 効果的なチラシの作り方
◆ 印象に残るオファーの出し方
◆ たった3ヶ月で売上げが倍増する秘密

などなど、思わず読んでみたくなるないようが、パソコン画面の先には踊っています。

そう集客も本当に重要です。まずは患者さんが来院しないことには、どんなに良い治療技術があってもはじまりませんよね。なので集客はすごく需要かと思います。

だけど、ここでちょっと考えてみて頂きたいのですが、そうやって色々な勉強をしてHPを修正したり、お金をかけて広告を出して来院頂いた患者さんが1回の来院で終了してしまったり、来院の頻度が患者さんの予定次第だったりしたら

あなたの院の経営(売上げ)は安定するでしょうか?答えは・・・NOですよね。ではどうすれば?そこで重要になってくるのがビジネスモデルなのです。

2.治療院経営安定に必要なビジネスモデル

では治療院の経営が安定するビジネスモデルはいったいどのようなものなのでしょう。これはすなわち1回来院された患者さんが、継続的に来院される仕組みのことですよね。

ではどのうようにすれば安定して、しかも継続的に、そして患者さんが自らの意思で来院されるようになるのでしょうか?それがわかればこんなサイト見ないで実践してるよ!!なんて声も聞こえてきそうですが(笑)

治療院に必要なビジネスモデルを考える前に、そもそもビジネスモデルとは?というところから考えたいと思います。

【ビジネスモデルとは】

ビジネスとして利益を継続的に生み出すサービスや製品、あるいは収益の仕組みという意味で、これを企業の事業戦略に置き換えると「誰に、何を、どのように提供し、どこでどれだけ儲けるか」といったところです。

そしてこのビジネスモデルを考える上で重要になってくるのが次の4要素です

① Who:顧客 ⇒ 誰にという意味で治療院に置き換えると、腰痛・肩こり・坐骨神経痛の患者さんや40代女性・産後のママさんなど
② What:提供価値 ⇒ なぜ対価を支払うのかという意味で治療院に置き換えると、腰痛を治すために支払う治療代金。満足して支払う金額
③ How:プロセス ⇒ 顧客への提供に至るプロセスという意味で治療院に置き換えると、HPを検索し予約の電話をかけ、電車で来院
④ Why:収益構造 ⇒ 自社がどの部分で儲けるのかという意味で治療院意置き換えると、治療代金なのか、検査料もしくは、治療以外のものどこで一番高い利益を出すか

スポンサードリンク

この4つをうまく組み立てていく必要があります。何となくイメージがわいたでしょうか?

3.治療院経営安定のための分析

じゃあ、この4つがうまく機能すれば経営は安定♪さぁー4つを考えるぞ!!とその前に、忘れてならないのは『現状の分析です』ビジネスモデルを構築するということは、時として今まで行っていて良かったもの

すなわち、患者さんに受け入れられてたものを壊して(無くして)しまうことが多いです。これまで数百人の治療家の方々にアドバイスさせて頂きましたが、この現状把握をしっかりせずに変更を行い、業績がダウンした例もあるので、ここは今一度しっかりと現状把握をして頂きたいです。

ではどのように現状の分析を行うのか?これは色々な方法がありますが、まずはメモ用紙とペンをご用意頂き、次の項目について書き出してください。

◆一番多く来院する年齢層・性別
◆一番多く来院する症状
◆1回あたりの治療代金、治療時間
◆自分が最も得意とする症状
◆1ヶ月の希望売上げ額
◆1ヶ月の営業時間、予約枠

どうでしょうか。書き出せたでしょうか。では次の項目を計算してみて下さい

例)1日8時間(480分)営業・治療時間30分・1ヶ月20日営業・1回5,000円治療すると
⇒ 1日最大16名治療出来てこれで1ヶ月20日営業なので合計320人治療可能。そして1回5,000円なので
320名×5,000円=1,600,000円の売上げがMAX

◆1ヶ月の予約枠 × 治療代金 = ??  あなたの治療院の最大売上げは計算できましたか?

そしてその最大売上げは希望売上額と比較して如何でしたか?ますがそこを確認することです。

そしてその額を上げるのか?下げるのか?かつ、それを上記の一番来院する年齢層や性別の人にどう評価してもらうのか?ここを検討していくことが、ビジネスモデル構築には需要です。

そして忘れてならないのが、自院の何を評価して患者s何は来院されているのか?ここの分析を間違えると、最悪の結果になる場合もあるので注意が必要です。

あなたの治療院の一番のファンは誰ですか?顔が思い浮かびますか?

4.治療院経営安定の代表的なビジネスモデル

繰り返しになりますが、治療院経営を安定させるビジネスモデルを考えるときに忘れてならないのが、現在のやり方のどこに不備があり、どう改善していけばいいのか?です。

そこをしっかりと把握できれば、ビジネスモデルの形つくりの80%程度は完成したといっても、間違いではないと思います。

なので、安易に儲かるやり方を求めるのではなく、自分が誰に何を提供したいのかを明確にする必要があります。そしてどのようなビジネスモデルだとしても決して間違いはありません。

継続来院が全てではないですし、新規集客で経営を安定させるのもひとつの方法だと思います。ご自身にあった、そして納得いく方法を検討することを強くオススメします。

とここまで読んで頂き、抽象論ばかりで具体的にはどうなんだー!!という方もいらっしゃるかと思いますので、代表的なビジネスモデルの例をあげたいと思います。

◆設定 初回検査料 3,000円 治療代金 5,000円

例1) 新規30人/月×2回継続来院     + 既存継続患者100名
(8,000円×20人+5,000×2回×30人)    +(5,000円×100名) = 960,000円

例2) 新規10人/月×5回継続来院      + 既存継続患者100名
(8,000円×10人+5,000×8回×10人)    +(5,000円×100名) = 980,000円

あなたはどちらのモデルでビジネスがしたいですか?そして例1の患者さん30名の翌月の来院数。例2の患者さん10人の翌月の来院数を想像してみて下さい。

5.最後に

如何でしたでしょうか?ビジネスモデルの重要性や考え方が少しイメージ頂けたら嬉しいです。今回は総論的な内容が多かったかと思いますが、淳を追って具体的な方法論などもお話していこうと考えておりますので、楽しみにしてて下さい。

スポンサードリンク

 - 未分類