治療院ビジネスモデル研究所

目指すは【新患者ゼロの経営革命】業界すべての治療院に共通するビジネスモデル

【必ず結果が出る】治療院ビジネスモデル作成の5ステップ(理念編)

   

こんにちは、治療院ビジネスモデル研究所の高田です。この記事では、誰でも結果が出せる『治療院ビジネスモデル作成』の手順を5つのステップに分けて解説していく第1回目です。

最近では、治療院の集客についての情報は本当に多くなりました。『ここ1年くらい新患さんが減ってしまって・・・』と悩んで、私のもとに相談にこられる先生がここ数カ月で非常に増えたのもこの影響かもしれません。

そして、これからはますます集客は厳しい状態が続くと思います。私が経営する治療院も同じような状況で、新規の患者さんは全盛期の半分以下の月も珍しくない状況ではありますが、月間の来院数は減っていません。ここではその秘密のすべてをを公開します。

【この記事を読むメリット】

新患さんが激減しても動じない、ビジネスモデル構築の基本手順が手に入る

この記事を読み込み、内容を理解し実践して頂ければ、どんな方でも結果を出すことができます。安定した治療院経営を目指すあなたには、是非とも最後までお付き合い頂ければ嬉しいです。

私がどんな人物か知りたい方はこの記事をどうぞ ⇒ 高田勝博(たかだかつひろ)の自己紹介

1. ビジネスモデル作成の5ステップ

治療院の経営を安定させるビジネスモデルを作成する手順はいたって簡単。しっかりと内容を理解し取り組んで頂ければ、誰でも確実に結果が出せる内容になっています。

ビジネスモデルを初めて作ってみるという方も多いかもしれませんので、それぞれにステップについて可能な限り分かりやすく説明していくつもりですので、安心して取り組んで頂けたら嬉しいです。

早速ですが、5ステップがどのような構成になっているのかお話ししていきます。作成は次の①~⑤までを順番に沿ってしっかりと決める(作る)だけでOKです。

【5ステップ】

①『理念』を決める
②『時間』『料金』を決める
③『検査方法』を決める
④『計画書』を作る
⑤『修正案』を作る

以上の5項目です。お題だけ見ると分かるような分からないようなといった感じでしょうが、ひとつづつしっかりと解説していくので安心して下さいね。

2. 理念の重要性

ではステップの①からいきましょう。いきなり質問ですが『あなたはどのような患者さんに来院して欲しいですか?』この答えがビジネスモデルをつくるうえでものすごく重要になります。

例えばですが、治療家のAさんは患者さんの痛みやしびれ、不調などをなるべく少ない回数(治療期間)で改善させ『先生ありがとう』と言われたいという理想を持っていたとします。

そして治療家のBさんは患者さんの痛みやしびれ、不調などを少しでも軽減させ、多少痛みがあっても生活に支障がないレベルまで改善させ『先生ありがとう』と言われたい理想を持っていたとします。

スポンサードリンク

AさんとBさんが同じようなビジネスモデルで経営を行えば、どちらかが失敗してしまい、どちらかが成功。またはどちらかが気持ちよく治療をするが、どちらかが無理して治療を行う形となってしまいます。

ですので、自分の理想を理解してくれる患者さんが来院しやすいビジネスモデルを作るという点からスタートする。すなわち自分の理念を明確にするところからビジネスモデル作りはスタートしなくてはなりません。

3. 治療家としての理念

いきなり理念を作れと言われても、戸惑ってしまいますよね。ここで偉そうに言っている私自身がそうでしたから(笑)気持ちはよくわかります。なので最初は理念の意味について考えてみましょう

理念の定義は色々とありますが、分かりやすく解説したサイトによると

【理念とは】

ある物事についての、こうあるべきだという根本の考え

という事です。ちょっと分かったような分からないようなといった感じだと思うので、私なりに治療家目線で解釈してみると

『私は〇〇といった理由で治療家となり、この仕事を通して〇〇という事を実現したい』

こんな感じになります。なんとなくイメージが湧きますか?そうここをしっかりと決めて、それをHPなどで発信することにより患者さんが共感を覚え来院する。こんな形が作れるのが理想です。

4. どう理念を作るのか?

ここまで読んで頂けたあなたなら『理念』の重要性は理解できたかと思います。次は理念の作り方ですが、その作成方法に正解はありませんが、自分史を作ると頭の中が整理され理念作成がしやすいと思います。

自分史とは、あなた自身がどのように生きてきたかを年代別に項目に分け、整理することです。具体的にはこのような項目に沿って過去を振り返ってみると作成しやすいかと思います。

□ 学生時代に打ち込んだもの(スポーツなど)
□ 学生時代に夢中になったもの(音楽や絵画、漫画など)
□ 学生時代どんな教科や先生が好きだったか
□ 社会人になり夢中になったもの
□ 今までに経験した大きな挫折や失敗
□ 今までに経験した大きな喜びや成功
□ 今一番大切にしているもの

自分史の項目出しが終わったら、それをパズルのように組み合わせ、自分が何に一番興味があり、何が一番したくないのかを整理していくと、理念の形が言葉になってきます。

苦手な方には少し難しく感じるかもしれませんが、とても大切なポイントなので頑張って取り組んでみて下さい。

5. まとめ

◆ ビジネスモデルは5ステップで作成
◆ 理念をつくる事が重要
◆ 自分史を作る

本当は5ステップを一気にお伝えしたい気持ちもあったのですが、とても長くなりそうなので、本日はここまでにさせて下さい。

次回はステップ②の時間や料金についてです。次回も楽しみに頂けたら嬉しいです。

また、日々思ったことやビジネスのヒントなどをTwitterで毎日のように呟いています。ご興味がある方はこちらもご覧になってみて下さい。

Twitterアカウント ⇒ @fujisawageorge

スポンサードリンク

 - ビジネスモデル作成