治療院ビジネスモデル研究所

目指すは【新患者ゼロの経営革命】業界すべての治療院に共通するビジネスモデル

【治療院の独立開業】選ぶのは路面店舗or空中店舗(経験談)

   

こんにちは、Life Medical Careの高田です。

今回は、あなたが独立開業時に物件を選ぶなら路面店舗or空中店舗?このようなテーマでお話ししていきたいと思います。

治療院を開業するにあたって、必ず物件探しをすると思います。この物件を探している時がワクワクするんですよねー♪私も何度か経験しているのでよく分かります。

そこで出てくる悩みがこんなこと(実際にアドバイスを求められることも多いです)

よくある悩み▼

①路面店舗(一階)か空中店舗(2階以上)どちらがいいのか、わからない

②それぞれのメリットや、デメリットが知りたい

③体験談を聞きたい

そんなあなたが、この記事を読んで頂くと。。。。

こんなことが分かります▼

□ 路面と空中店舗、どちらがいいかわかる。

□ それぞれのメリットやデメリットがわかる。

□ 体験談がわかる。

そして、この記事を書いている私は

こんな人物がまとめました▼

◆ 治療院業界で10年以上、会社員も20年経験

◆ 治療院を2店舗出店経験済みで、路面店舗と空中店舗両方の出店に携わる(旧店舗の年商は2,500万円以上)

◆ 治療院向けコンサルタント業務も行っています

上記のことから、この記事の信頼性は保たれるかと思います。

ではさっそく本題に入っていきましょう。

1.路面店舗(一階)か空中店舗(2階以上)どちらがいい?


これまで約6年間空中店舗そして先月路面店舗をオープンしましたが、結論からいうと『どちらでもOK』です。

おぃおぃ。。。それじゃ記事の意味がないじゃん!!という声が聞こえてきそうなので(笑)あえて区別するなら

◆ とにかく集客したい ⇒ 路面店舗

◆ 既存顧客がたくさんいる ⇒ 空中店舗

◆ 都心部(駅近など) ⇒ 路面店舗

◆ 郊外(駅から離れている) ⇒ 空中店舗

その主な理由は次の通り

◆ 街の中心部は人通りが多く、認知もされやすく集客もしやすいため

◆ 郊外はネットで調べてくる人を集客し、さらに顧客は認知し車などで来院することも多い

ちょっとイメージしづらいかもしれないので、補足説明として具体例を挙げていきます。

街の中心部は路面店に比べ空中の店舗はほぼ気づかれません。なので、道を歩いている人でさえドンドン集客していきたい方には圧倒的に路面店がオススメです。

そして、将来的にはスタッフを雇用し広めの店舗をつくりたい方には向いていると思います。

一方で、郊外の場合は基本的に『ネットで検索』してからの来院が多く、特殊な技術やすでに既存顧客を抱え独立する方などにオススメです。

そして、少数精鋭で割と治作ご自身のペースで経営したい方には向いていると思います。

2.それぞれのメリットデメリットが知りたい


こちらは、文章より分かりやすいかと思い、以下のようにまとめてみました

   路面店舗    空中店舗

スポンサードリンク

家賃    高い      安い
規模     大きい     小さい
集客     認知大     ネット大
課題     固定客     新規客

このような感じになりますので、ご自身の将来的な構想や予算などに合わせ選択するのがいいかと思います。

そして、どのような年齢層の患者さんに来院して欲しいか?によってもこのあたりは変わってくるので、年齢や性別などに合わせた物件えらびについては、また別の機会にお話しさせて頂こうかと思います。

3.体験談を聞きたい

これからどうしようか?と悩んでおられる方には経験者の声はとても聴きたい事だと思います。私もそうでしたし

なので、ここからは、私の体験談になりますがお話ししていきたいと思います。

私が現場に出て初めて勤めた治療院は4階の店舗でした。駅方は比較的近い立地ではありましたが、とにかく認知されておらず、集客にはかなり苦労をしていました。

その当時はネット検索というより、チラシでの集客が主流でしたので、来る日も来る日もポスティングばかりしてました(笑)

次に自分で初めてオープンして店舗も4階の店舗で、こちらも集客にかなり苦労をしたと同時に、よく新規の患者さんには『こんなとこに整体があったんだね』などと言われることが多く、それだけ認知されるのが厳しい条件ではあります。

そして最近オープンした店舗は路面店で駅からは徒歩6分とあまり近くはありませんが、比較的人通りも多くオープン2日目にして『どんな治療をして料金はいくらですか?』と飛び込みの患者さんが来ることもあり、さすがの路面店だなーと感じたものです。

そんな良いところばかりに思える路面店ですが、やはり一番のネックは家賃の高さです。こればっかりはどうしおもありません。私が今回出店した三軒茶屋地域でも1階と4階では坪単価が約5,000円~10,000円ほど違うなどという事もざらにあります。

なので、私の経験からくる結論として、経験少ない間は空中店舗、小さな規模で集客や経営面を色々と試行錯誤し、その経験を踏まえ路面店で広く展開

こんなスタイルがリスクが少なく開業できるのでは?などと考えています。

4. まとめ


まとめ▼

◆ ガンガン集客 ⇒ 路面店舗
◆ 比較的少額出店 ⇒ 空中店舗
◆ 宮中でスタートし路面へ展開がオススメ

過去の記事も読みつつ、さらに詳しく知りたい方はtwitterやFacebookなどでも質問を受け付けますので、お気軽にご連絡下さい。

この記事が、少しでも治療院の開業を目指してる方の参考になり、背中を押して上げることが出来たら幸いです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

ではまた次回の記事も楽しみにしていてください。

twitter:@fujisawageorge
ツイッターでは、その時に感じたアレコレをリアルタイムで発信しています。

Facebook:takada555
フェイスブックでは、プライベートな内容も多いですが、ブログの更新や治療院での情報などを発信しています。

スポンサードリンク

 - 治療院開業