治療院ビジネスモデル研究所

目指すは【新患者ゼロの経営革命】業界すべての治療院に共通するビジネスモデル

リピートの成果は来院前に決まる

   

こんにちは、Life Medical Caleの高田です。

前回に引き続き、今回もリピートについてのお話をしていきたいと思います。
今日はこんな話について『リピートの成果は来院前に決まる』

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

リピートについてのこんな悩み ▼

□ 完璧な治療をしたはずなのに次回予約が入らない

□ 完璧な説明をしたはずなのに次回予約が入らない

□ 絶対にリピートしそうな雰囲気だったのに次回予約が入らない

□ 患者さんの反応はすごく良かった。なのになぜ?

これまでいろいろな治療家さんの悩みと向き合い、とても多くの方が苦しんでおられる壁です。

そう私自身もこの悩みを克服し、売り上げを飛躍的に伸ばした経験があります。

そんなあなたがこの記事を読んで頂くと

こんなことが分かります ▼

□ 院内だけではリピートが決まらない

□ 患者さん教育とは

□ 選んでから選びなおす

そして、この記事を書いている私は

こんな人物がまとめました ▼

◆ 整体院グループ内での圧倒的な高リピート率

◆ 数百人の治療家さんにリピートについてアドバイス

◆ 治療院向けコンサルタント業務も行っている

上記のことから、この記事の信頼性は保たれるかと思います。

ではさっそく本題に入っていきましょう。 

1. 来院前のミスマッチを防ぐ


リピートする患者さんは、来院前にリピートしようと思って予約を取ります。

いきなりお前は何を言い出すんだ!!などと言われそうですが、これはすごく重要な事なのでまず最初にお話しさせて頂きました。今日はこの一行が分かればすべてOKです。

この一言だけですと、イメージがわかないかと思うので、ここを深堀りしていきます。

リピート率を上げようと思うと、多くの先生方は来院してから頑張ろうとします。
施術技術に磨きをかけたり、問診トーク術を勉強したり。そうそれはそれで一定の効果はあります。

でもそれだけでは安定しないんです。リピート率が。その理由は実は。。。。

【リピートは来院前から始まっているのです】

では、どこからこれが始まっているかというと、患者さんがあなたの治療院を選ぶ時、すなわち新規集客の時です。

この新規集客の段階オデ、あなたの治療院の考えに合わない患者さんを集めてしまうと、そこでミスマッチが発生してしまうのです。

ここで患者さんの意識と治療院の意識に大きなズレが生じてしまうと、その後(来院してから)どんなにがんばってもその溝は埋まりづらいという事です。

2.来院前に何を伝えるか


あなたのHPのトップはどんなキャッチコピーですか?

『たった1回の施術で97%の方が効果を実感』

治療院のHPではよく見かける文言ですよね。確かにこういった文章を書くとすごく反応が良くなりり、新患さんが集まりやすくなります。

でもここでよく考えて欲しいのです。もう一度↑のキャッチコピーを見て下さい。

この文言に惹かれた患者さんは1回で治して欲しい患者さんなんです。なので来院された方のほぼ全員が出来るだけ早く治して欲しいのです。

こういう考えの患者さんに連続して通院し治療をする大切さを伝えるのは、とても大変な作業となってしまうし、成功率も低くなってしまうのです。

3.患者さんが持つ過去のイメージ


スポンサードリンク

ではキャッチコピーを変えてミスマッチを防げばそれでOKかというとそうではありません。もひとつ防がなくてはならないミスマッチがあります。それは菅zyさんお過去のイメージです。

あなたは問診でこんなことを言われたことがありませんか?

『以前、腰痛で苦しんだ時には近所のカイロに行ってパキパキとやったら1回ですごく良くなったんです』

勘の良い方なら何が言いたいのか,
もうおわかりですよね?

そう、患者さんは過去に自分が受けた治療のイメージを持っているのです。もし仮に整体やマッサージが初めての方でも、こういったことをする場所なんだろうなーというイメージは必ずあるはずなのです。

ですので、施術前のミスマッチを解消するために

・あなたの治療院がどんな方法で治療をすすめていくのか
・なぜその治療のスタイルが効果的なのか

を患者さんが理解し、その上で施術をスタートさせないと、1回目の施術を終了し最後に『あと何回来てください』と伝えても患者さんが納得しないのです。

技術やトークを磨いた、でもリピートしてくれないと言うと時は上記2点のミスマッチがきていないか確認してみて下さい。

4. 選ばれてから選びなおす


リピート率を上げるためには患者さん教育が必要です。そして患者さんを選びなおすことがもっと重要になります。

ちょっとわかりづらい表現だと思うので、深堀していきましょう。

上記2つのミスマッチが解消され、あなたの院の考えを理解した患者さんが予約の電話をかけてきたとします。

そこでもう1回確認して欲しいのです。何をかというと

『当院は1回で治すという考えの院ではありません』と

その上で来院して頂き、問診の前にあなたの院がどういう治療のスタイルですすめていくのか説明をし、あなた自身の目で『ちゃんと治す気持ちがあるか』や『治療のスタイルを理解しているのか』を確認してください。

その上で、もし分かっていないなと思うのであれば、再度説明をするか納得が得られなそうであれば施術前にあなたの院での治療を断って下さい。

すなわち、HP上で患者さんに選んで頂いたあとに、あなた自身で患者さんを選びなおして下さい。

ここをしっかりやればやるほど、リピート率は劇的に上昇します。

患者さんを選びなおす??何を偉そうにと怒られそうですが、リピート率を上げるためにはすごく重要なことです。

どこまで、どの程度やるかはあなた自身の判断になりますが、ここを厳しく伝えれば伝えるほど、よい結果となることは、この壁を乗り越えてきた私が断言します。

最初はとてもこわいですし、一時的には売り上げが下がるかもしれません。でも勇気を持って伝えてみて下さい。必ず結果は出ます。

5.まとめ

ここまでの話のポイントをまとめると

まとめ▼

◆ 来院前にリピートの成果が決まっている
◆ リピート率低下をまねく2つのミスマッチ
◆ 患者さん選んで頂きそして選び治す

過去の記事も読みつつ、さらに詳しく知りたい方はtwitterやFacebookなどでも質問を受け付けますので、お気軽にご連絡下さい。

この記事が、少しでも治療院の開業を目指してる方の参考になり、背中を押して上げることが出来たら幸いです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

ではまた次回の記事も楽しみにしていてください。

twitter:@fujisawageorge
ツイッターでは、その時に感じたアレコレをリアルタイムで発信しています。

Facebook:takada555
フェイスブックでは、プライベートな内容も多いですが、ブログの更新や治療院での情報などを発信しています

スポンサードリンク

 - 問診